ローン会社の審査の方法がよくわからない

キャッシングベスト3

ローン会社の審査に落ちてしまう理由は何でしょう?

ローン会社の審査って通る人と落ちる人がいると思うんですけれども、あれはどういう理由で落ちたり通ったりするのでしょうか。どういう人が落ちやすくてどういう人が通りやすいとか、そういう法則のようなものがあるんでしょうか。

特にカードローンって普通はだれでも通るような気がします。でも落ちる人も通る人もいるみたいですし、審査についてよくわからないので教えて下さい。

カードローンの審査は返済出来るか出来ないかがポイント

返済可能性という言葉がありますが、これがカードローンや消費者金融の審査では最も重視されていると言われています。いわばお金を返済できますか出来ないですか、これを中心に見られるということです。実際に返済できるかどうかっていうのは人によりますし、返済に回すかどうかやお金の使い方なども人によるので一言では言えないのですが。

例えばそれは収入が多いかどうか、その収入が毎回ちゃんと入ってくるかが重視されています。たとえ30万円毎月入ってくると言っても、30万円を公務員で借り入れをすれば通りますけれども、30万円をパチンコで毎回稼いでいるということになれば、それはまた話が変わってきて通らないということになるわけです。このような違いがあるというわけです。

お金の使い方の粗さという点では、カードローンで返済できないことに関わってきますから、お金を荒く使っていないかどうかという点も見られています。これは借入を他からしていないか、他社借入はどうなっているのかというのも見られています。借入額が他から多く入っていると、問題というように見られて審査に通らなくなるでしょう。

カードローンや消費者金融とは違って、住宅ローンや自動車ローンも返済可能性を見ているのは見ていますが、今の返済可能性だけではなく将来的にどうなのかということも見るようになっているのです。ですから他のカードローンや消費者金融とは違っているということです。審査に通りたいというのであれば、まずは今の返済可能性を上げるということが重要なのです。

カードローン会社の審査は誰でも通るようになっている

カードローン会社の審査は誰でも通るようになっています。非常に簡単な基準しか存在していませんので、融資の条件をきちんと理解していれば学生や主婦であってもお金を借りることが出来るのです。そもそも、カードローンを提供している会社というのは消費者金融という個人の消費者に対して融資を行っている会社になっていますので、一般的な消費者にお金を貸すために審査をゆるくしている傾向があるのです。

消費者金融が提供しているサービスは少し特殊で、銀行などが提供している大型のローンなどのように基本的に保証人などを立てる必要がありませんし、そもそも保険会社に加入する必要もないのです。住宅ローンなどでは、不慮の事故などによって返済することができなくなってしまったときのために生命保険などに加入しなくてはいけないことがほとんどなのですが、キャッシングは少額の融資しかしませんのでその必要がないわけです。

また、このような性質から融資の契約の負担を消費者の金融機関の双方に押し付けないために、最初から法律によって融資の枠に規制を設けることになっています。この法律の事を総量規制と言います。総量規制では、これからお金を借りる消費者の年収の三分の一を基準としてお金を借りることが出来るようになっていますので、これ以上の負担は両者に絶対にかかりません。

総量規制は、債務者と債権者の両方を保護するための素晴らしい規制だと言えます。債務者にとっては無理な借入がなくなることから多重債務を背負う必要がなくなりますし、債権者の立場からすれば無理な貸し出しによって不良債権が生まれることがなくなります。必要なときに必要な分だけお金を借りることが出来るようになりますので、極めて健全な融資の契約を結ぶことができるようになるのです。

こうしたことから、安全面が担保されることになり、金融機関側でわざわざ条件を厳しくする必要がないわけです。だからこそ、カードローン会社の審査はどこの会社でも甘いのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※借りて良かった!※三重県在住の方の為の消費者金融一覧サイト All Rights Reserved.